みおりんがミニブタ

自分で見い出す

何かないかな?なんて思っていても誰もあなたのところに素晴らしいものは置いてくれません。必ずしも欲しかったら、自分で探しましょう。せめて、それくらいはしましょうね。でないと、何でも与えて受け取る者はいないのですから。どうしても欲しい。それほど思うなら、それ相応のアクティビティを取ることが大事です。そうしているうちに、同僚たちが助けるかも知れません。それをしないで、忽ち助ける者はまれな者だ。その人たちにすがってもいいですが、たいしていつまでも長く助けてはくれないでしょう。今の父母だっていつかは自分から少なくなくなるのです。そんなふうに思えば、いつかは者に頼らずに自分先々からでやって出向くタイミングがやってきます。時間はガンガン流れていきます。それは心からブラック一品。けれども、誰にもそれをとどまることはできません。いくら給料を持っていようが、権力があろうができないことなのです。弱肉強食はちょいちょい残酷ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です